スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

6月, 2009の投稿を表示しています

【書評】ロミオとジュリエット(旧訳)

旧訳を買ってしまった・・・
途中で挫折。
話の内容がよくわからない。



新訳 ロミオとジュリエット (角川文庫)posted with amazlet at 09.06.25シェイクスピア
角川書店
売り上げランキング: 130203
Amazon.co.jp で詳細を見る

↑この新訳を買えばよかった・・・

Takaboh

おお~けっこう読んでるんだね。
漫画だけど「へうげもの」に最近はまってる。

【書評】空中ブランコ

デイケアのM先生に借りた本。
バーと一気に読みました。

まず、こんな主治医いない(笑)
お話は、精神科より神経科の話か。短編が何個も入っているの。
それがそれぞれ登場人物の違った視点から書けるのがすごいと思った。
自分はズラを取るって回がくだらなくも良かったかな。

★★

空中ブランコ (文春文庫)posted with amazlet at 09.06.25奥田 英朗
文藝春秋
売り上げランキング: 676
Amazon.co.jp で詳細を見る

Takaboh

ズラを取る話が気になるね…。

【書評】素晴らしきラジオ体操

パソコン直りましたー!!!
��Cが無いときはポッカリ心に穴があいた感じだったよ・・・
書評なんてたいそうなこと出来ないかもしれないけど、感想を。

ラジオ体操人。
入院中にラジオ体操に参加している人を看護師さんがチェックしていた。きっとあのひとはラジオ体操人!
生活訓練施設ではビデオに録画したNHKの体操をやった。
「体操やろうよー!!」とTさんは部屋に声をかけて回った。きっとあの人はラジオ体操人!
思い入れがあります。

ラジオ体操人のインタビューはホントにインタビューしたの?と思って読んでいたけれど、
日本でラジオ普及前にもラジオ体操の原型があったことにビックリ。ただアメリカのを真似ただけじゃなかった。
戦争中もしっかり行われていたのがまたビックリ。分析が面白かったよ。
なんとなくラジオ体操をやっていたけど、コレを読んでより理解が深まったよ。昔のラジオ体操の図も絵入りで載ってました。

★★★★

素晴らしきラジオ体操 (小学館文庫)posted with amazlet at 09.06.25高橋 秀実
小学館
売り上げランキング: 140235
Amazon.co.jp で詳細を見る



Takaboh

復活おめでとう!
「体の動きに流れがある」とかマニアックな世界だよね。