2016年12月7日水曜日

【マリオコーデ】たかぼー、マリオコスプレをドンキクオリティからワンランクアップしました




送料込みで9000円のコーディネートだぞwwwwwww

しかも僕のズボンのサイズは40インチ(100cm)で、ワンサイズ上の42インチにしたんだけど、サイドのボタンを2つ締めると腹回りがキツイwwwww

だからサイドのボタンを1つ外しました。

なかなか大きなサイズのオーバーオールは売って無くて…アマゾンで買いました。

※ドンキクオリティ


手袋はホームセンターで買った軍手をwwwww
3年前に買った、あんたも今日からって○○の衣装セットの帽子を被ってます。
もう内側はスポンジがボロボロです。つなぎもチャック部分がやぶけたので、思い切って新調しちゃいました。





ティーシャツドットエスティーのトレーナー。




ディッキーズのオーバーオール。




ヒゲはウィッグをカットして自作。

マリオのヒゲをダイソーの商品で自作したったwwwwww
http://indoorotaku.blogspot.jp/2016/09/blog-post.html


ヒゲすぐ取れちゃうので、スピリッツガムまで購入。
もう立派なコスプレイヤーでしょう。ね?





三善 スピリッツガム プロ 30ml
スピリッツガム プロ
売り上げランキング: 126,477

2016年12月3日土曜日

トリコ上田「僕は『バーチャファイター』がいまだに好きなんですけれど、あのノリに近いのかもしれません。」

ファミ通.com様
『人喰いの大鷲トリコ』発売直前 上田文人氏インタビュー(2/2)
http://www.famitsu.com/news/201612/01121586.html?page=2


引用


上田 

プレイステーション3時代までは、ビデオゲームはハードといっしょに技術が進歩し、その時代のCG技術のお披露目会のような側面があったと思っています。

ですが、いまはそういった状況は薄れ、コンテンツとして不変性のあるものとか、より多くの方が楽しめるものとか、技術がわからない人にも伝わるものとか、そういった方向にシフトしていると思っていて。

たとえば、僕は『バーチャファイター』がいまだに好きなんですけれど、あのノリに近いのかもしれません。

振り返ってみると、『バーチャファイター』の透き通った空の表現をいまでも強烈に覚えているのは、画的に優れていたからだと思うんです。

『プリンス・オブ・ペルシャ』も同じで、AmigaやApple II版の『プリンス・オブ・ペルシャ』のほうが、そのあとのものよりも動きが滑らかだったと感じていて。

それは、ビジュアルの陰影の細かさよりも、平面的であっても、より動きに注視できるほうがゲームに合っていたから。

『人喰いの大鷲トリコ』も、いつまでも魅力を保っていられるような、何年か経ったあとでも、「あ、だからこういう画作りなのか」と伝わるものになれればいいなと思います。



バーチャファイター1のノンテクスチャ&フラットシェーディングのポリゴンは最高!

デザインでポリゴンスタイルといえば、バーチャファイター1みたいなポリゴンのことを言う!!!

例:hulu CM淀川長治



痛みを感じるような、なめらかな動きが衝撃だったんです。






2016年12月1日木曜日

【マジかよ】漫画家、真島ヒロ先生のツイッターのフォロワーが100万人を突破!少年マガジンを代表するレベル



【@hiro_mashima】


2016年12月1日現在、101万8657人




真島ヒロ先生の作風はRPGゲームにかなり影響を受けています。
ゲーマーで、発売日から1日でファイナルファンタジー15をクリアしたと早速ツイートしてる。

尾田 栄一郎のワンピースに絵が似ていると話題になったり。
ワンピースは日本で大人気ですが海外でイマイチです。ナルトのほうが人気がある。

海外で真島ヒロ先生が人気があるのは興味深いところ(´・ω・`)


スポンサードリンク